山田 浩志 (やまだ ひろし) のプロフィール

 

 

はじめまして!ブログ著者の山田浩志 (やまだ ひろし)です。

 

 

僕は新卒でとある日系企業に就職したのですが、

 

 

・どれだけ出世しても労働時間は増えるばかりというサラリーマンの呪縛

・ただでさえ時間がないのに余暇も会社のために使えと強要する風土

・会社に尽くすことがこの世のすべてであるかのような価値観

 

 

といったことに疑問を感じ、入社して即サラリーマンとしてのキャリアを諦めました。

 

 

会社に頼らず生きるには自分で稼ぐ力をつけないといけない!ということでその日から副業を開始。

 

 

紆余曲折を経て、26歳の現在はブログなどから自動で月20万円ほどの収入を手にできるところまで来ました。

 

 

やっていることはネットビジネスアフィリエイトと呼ばれるジャンルの副業です。ブログなどで役立つ情報を提供して、対価として報酬を頂くというものです。

 

 

収入額としては脱サラするにはまだまだですが、

 

 

・クビになっても別収入があるので会社に媚びる必要がなくなった

・出世争いをスルーしても副業のおかげで年収アップ

・自動収入なので勉強など他のことに時間を使える

 

 

といったメリットを得ることができています。

 

 

自動の収入という部分は普通のサラリーマンである友人達には驚きなようで、

 

 

「何もしないで月20万!?山田すごいな。そんなの俺にはできないな~」

 

 

と言われることがあります。ですが、違います。僕も初めから楽勝で稼げていたわけではありません。

 

 

僕は今の手法に辿り着くまで、つい1年前まで1円も生み出せない貧乏ブロガーだったのですから…

 

 

 

これまでの歩み

 

僕が就職し、同時に副業でネットビジネスを始め、自動で月20万円稼げるようになったまでの経緯を簡単にまとめてみます。

 

【中高時代】

中学受験の末、何かの間違いで合格率E判定だった某中高一貫進学校に合格し、進学。周りは受験界の化物だらけのため当然落ちこぼれ、自己肯定感の欠如した生活を送る。部活も上下関係がめんどくさいため幽霊部員化、社会不適合者の片鱗を見せる。男子校のため青春等の経験は皆無。

 

【大学時代】

将来の夢等はないものの、とりあえず東大入れば成功できる的言説を信じ東大を受験、ギリギリ理科二類に滑り込む。入学後はろくに勉強せず自堕落な生活。バイト・サークル程度のゆるいコミュニティとしか関わらない、何にも縛られない生活を経験し、今考えると幸福度は高め。

 

【23歳】

大学4年間で劣化するも、就活は東大ブランドでごり押し。ホワイト度重視で某日系メーカーに希望通り就職。…がしかし、実態は、家でサビ残やらせて残業時間を少なく見せていただけの隠れブラック企業だと入社後に判明。社員は洗脳済みのため「四六時中仕事のことを考えるようになってほしい」と悪気もなくブラック発言。転職サービスに相談するも「まあ、大手さんでそれなら、どこもそんなもんですよ」とのご回答。

 

「自分はサラリーマンとは何なのか理解してなかった。従業員は会社に尽くすが、会社が従業員に尽くすことは決してない。ホワイト企業など幻想、夢物語…」会社に洗脳され、搾取され続けるサラリーマンとして生き方が自分の価値観と相容れないものであると悟り、自分一人で稼ぐ力をつけると決心をする。

 

まずは副業についてひたすら調べ、稼ぎやすいと評判のせどりを最初にスタート。小物で扱いやすい健康食品に目をつけ、これをフリマアプリで仕入れてアマゾンで販売する、いわゆる電脳せどりを主に展開。ネットの評判通り確かに結果がすぐ出て、売上が初月50万、2か月目100万とあっさり月商100万円を突破。利益にして月20万。このまま拡大してすぐ独立できてしまうんではないか?と心躍らせる。しかし…

 

停滞期。いっこうに売上があがらず苦しむ。毎日仕事後の少ない時間を全力で副業につぎ込むも、売上はキープで精一杯。他の色々な商品に手を出してはみるが、状況は好転せず、むしろ既存の商品に競合が増え利益率は低下。「これを続けるだけでは人生は変わらない」と感じ、1年弱続けたところで終了。この年、年商1000万円を達成。

 

【24歳】

心機一転、ブログでのアフィリエイトに取り組む。理由は、上手くいけばせどりより大きな収入を狙えると思ったから。希望に胸膨らませ、意気揚々とブログ作成に取り組む。しかし…状況は前年より悪化。そう、1円も稼げない(笑)。

 

 

このブログのゴール

 

 

タイトルとURLをコピーしました